Peter, Paul and Mary / ピーター・ポール&マリー

Peter, Paul and Mary / ピーター・ポール&マリー
Biography

ピーター・ポール&マリー(Peter, Paul and Mary)は、1960年代のアメリカで最も成功したフォークグループの一つ。

ピーター・ヤーロウ(Peter Yarrow、1938年5月31日 – )、ノエル・ポール・ストゥーキー(Noel Paul Stookey、1937年12月30日 – )と マリー・トラヴァース(Mary Travers、1936年11月9日 – 2009年9月16日)のトリオ。
ベトナム反戦のメッセージを全世界に送り出した。通称PP&M。

 ・ Spotify : Peter, Paul and Mary / ピーター・ポール&マリー

Peter, Paul and Mary / ピーター・ポール&マリーの経歴

マネージャー、アルバート・グロスマンによってこのグループを1961年に旗揚げさせ、早速にニューヨークのグリニッジヴィレッジのコーヒー店「ビターエンド」に出演させた。
ピーター・ポール&マリーは、1962年にはファーストアルバム「ピーター・ポール&マリー」をリリース。それには、「500マイル」、「レモンツリー」、「花はどこへ行った」、そしてピート・シーガーのヒット曲「天使のハンマー(ハンマーソング)」が含まれていた。アルバム「ピーター・ポール&マリー」は、ビルボード誌のトップ10に10ヶ月君臨し、トップ100に3年以上にわたり、留まった。

1963年、彼らは、3枚のアルバムを録音し、新曲「パフ」をリリースした。これは、ヤーロウと彼の友人でコーネル大学の学生レオナルド・リプトンがもともと1959年に作詞作曲したものである。1963年のワシントン大行進では「天使のハンマー」が歌われた。マーティン・ルーサー・キングがかの有名な演説「私には夢がある」(I Have a Dream)を語ったのは、この行進の際である。

Blowin in the wind

ピーター・ポール&マリーの最大のヒットは、ボブ・ディラン の「風に吹かれて」で、これは世界中での大ヒットとなっている。これが、ワーナー・ブラザース・レコードに移籍しての最初のシングルカット曲でもあった。その後長くグループは、アメリカ合衆国の公民権運動やその他の社会的正義を主導する運動の第一線に立ち続けた。後年のヒット曲「悲しみのジェット・プレイン」は、当時全くの無名だったジョン・デンバーによって書かれた。

グループは、ソロ活動のために1970年解散する。1999年、ヴォーカルグループ殿堂入り。

Early Morning Rain (1966)